チベットのための国際議員ネットワーク

チベットのための国際議員ネットワーク(INPaT) 

理念

チベットのための国際議員ネットワーク(The International Network of Parliamentarians on Tibet)は、国際法の原則と規範に則り、ダライ・ラマ法王、亡命チベット代表者議会、並びに中央チベット政権が追及する非暴力的アプローチに従ってチベット人を支援し、チベット占領に終止符を打つべく、チベット・中国紛争の早期解決を積極的に推進することを目的とする。 

目標と活動内容

INPaTは、国会議員による超党派の国際的な議員連盟であり、その使命を実現するために、メンバー同士の協力と連携を促進する。特に下記の事柄について尽力する。

  • 中国はチベットにおいて、チベット人の市民権、および政治的、文化的、社会的、経済的権利を侵害するような行為と政策を行っている。国際法に違反するこれらの事柄について、中国の責任を問う。
  • 中国は現在もチベットを占領し続け、チベット人が国際的に認められている民族自決の権利を行使することを拒否している。国際法に違反するこれらの事柄について、中国の責任を問う。
  • 中国が、将来ダライ・ラマ法王の転生者、並びに他の高僧の転生者の選定・指名、および彼らの宗教的教育と職務について行うあらゆる介入について、その根拠を問う。
  • チベット人が自分たちの宗教を信仰する権利、自分たちの言語、文化、国民的アイデンティティを守り、発展させる権利、および自分たちの運命を決定する権利を擁護する議会と政府の政策を推進する。
  • チベット占領終結とチベット・中国紛争解決を目的とする政策と活動を促進する。
  • チベット、チベット人、並びにチベット・中国紛争に関する自国の政策と行為が、国際上の法的責任と義務に違反していないかどうかについて、各国政府の責任を問う。
  • 自国の政策と行為が、チベット・中国紛争解決の見通しを損ねたり、チベット人による権利行使に悪影響を与えるものでないかついて、各国政府の責任を問う。
  • 上記の理念と目標に従い、亡命チベット代表者議会とそのメンバーが国際的支援活動を行うに当たって助言を行い、可能な限り援助を行う。

・グループと事務局
INPaTの中核となるコア・グループは、この議員連盟の共同議長を務め、INPaT 事務局が世界の国会議員に対して行動を起こし、互いの行動を連携させるよう呼びかけるに当たって支援を行う。

コア・グループは、世界チベット議会の開催3か月前に、このような行動の内容、成果および障壁について書面で報告するとともに、同議会においても報告を行い、勧告があれば共に提示する。

ダラムサラのチベット議会事務局はINPaT 事務局として活動する。すなわち、INPaT のメンバーに情報を提供し、諸活動の連携を行い、コア・グループの活動を支援する。

Message from Shimomura Hirofumi, Chairman of the Japan Tibet Parliamentary Support Group to the 8th World Parliamentarians Convention on Tibet

<ご賛同者はこちらへ>
「チベットのための国際議員ネットワーク」(INPaT)
ホームページ:  https://inpat.org/join-us/
是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。
ご質問などございましたら、当事務所までお気軽にご連絡ください。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 ・ チベットハウス・ジャパン
E-Mail [email protected] / Tel: 03-5988-3576

Menu